toggle
2017-11-08

離婚を選ぶ勇気をもらえた、カウンセラーのことば

離婚というものは、世間では、比較的よくあることではありますが、その渦中にいる当事者にとってみれば、精神的にクタクタのボロボロになる一大事です。

結婚は未来を創る建設的なものですが、離婚は、その反対。積み上げたものを全部壊していく、ヘビーなものです。

生々しいハナシではありますが、「これからどうやって生きていけばいいのか」という金銭的な問題も、女性にとっては大きいものです。

もしも、どっちを選んでも幸せになれるとしたら、どっちを選びたい?

私は、別居を経て、離婚に至りました。「二人の関係を良くするためにも、一度別居して、付き合っていた頃みたいな関係からもう一度やり直そう。前向きな意味での別居が必要だと思う」みたいな感じで説得されたんですが、実は、彼には付き合っていた女性がいたことがわかって・・・私は少しおかしくなったりもしていました。

どうすればいいのかわからなくなって、カウンセラーの先生に相談に行ったのですが、「もしも、どっちを選んでも幸せになれるとしたら、どっちを選びたい?」と、質問されました。

「離婚をしたくない」と思って相談にいったのに、とっさに出た私の答えは「(どっちを選んでも幸せになれるのなら)離婚したい」でした。

そして、「ああ、これが私の本心なのだ・・・」とわかったんです。結婚にしがみつこうとしていた自分に気がつきました。

自分の未来と、誇りをまもるために

浮気相手の彼女に慰謝料を請求したり、なんとしてでも妻の立場を通すこともできたのかもしれません。でも、そうしなかったのは、

「そんなみっともないことはするな。お前自身のためや。お前のこれからと、自分の誇りを守るためや」と、父が言ってくれたからでした。

世の中は、不思議と繋がっているもの。相手の心におかしなものを残すような終わらせ方はやめておけ。最後の幕引きは、綺麗に終わらせた方がいい。そうすれば、どこかでまた、ちゃんといいふうに流れていくものだから。

父は、そう考えていたようです。

離婚の件で元夫が私の実家に行った時、私の両親は、一切、彼を責めませんでした。

ちなみに私は「あんたのせいでこんなことになったのよ!!!あんたに女としての魅力がないから、あの子がこんなことになったんじゃないのヽ(`Д´)ノ」とかいろいろ、当時の姑から昼ドラばりの罵倒をされました・・・^^;

私自身、至らないところは多々ありましたし、女性としての魅力が欠けていたのも、否めません。

離婚のおかげで

元夫は、ほどなくしてその彼女と再婚しました。今はどこでどうしているのかは全く知りませんが、どこかで幸せにやってくれていたらいいなと思います。

私は両親との折り合いが悪く、特に、父とあまり話をすることがなかったんですが、その離婚をキッカケに、両親との関係性が変わりました。

人間万事塞翁が馬。あの離婚のおかげで「今」がある。いろんな事が織り合わさって、人生は、深さを増していくのかもしれないなと、思います。

さいごに

世間の目、常識、お金・・・いろんな見えない鎖が、私たちを縛っているけれど。

もしも、どっちを選んでも幸せになれるとしたら、どっちを選びたい?
自分に正直に生きていければいいなと思います。

 

<スポンサーサイト>





関連記事