地震のあとの、本棚の断捨離

大阪北部地震から半月が過ぎました。

今日は朝から大雨警報が出ていて、私の住んでいる街も警戒対象区域になっています。
スマホの災害警戒のアラートが大音量で、ビクッとしてしまいます。

大雨で大変なことになっているニュースを見ると、胸が痛みます。
どうかこれ以上の被害が出ませんように。祈るばかりです。

本棚の断捨離

(北側の部屋に置いている本棚。地震で大量に本が落ち、床に散乱しました)

たくさんのモノを断捨離をしてきたつもりでいたので私の中で断捨離は一段落ついていましたが、地震で床に散乱したモノを片付けながら、まだまだ不要なモノはたくさんあるんだなあと気づかされました。

北側の部屋に置いている本棚に置いていたモノの半分くらいは、どっちかといえば2軍のような本や古い資料でした。手放してもいいようなモノの方が多いのになかなか断捨離できずにいたのですが、これを機に、半分くらい処分しました。

過去の断捨離で手放すかどうかを迷い「とりあえず保留」となっていたモノが多かったのですが、大きな揺れを経験した後だったからだと思うのですが「ああ、これはもう無くてもいいや」と、サクサクっと手放すことができました。

大切なモノや本当に残して置きたいモノは取っておくけれど、そうでないモノは、段階を踏んで徐々に手放してていきたいと思います。

(本棚は倒れませんでしたが、地震で横に3cm移動していました)

壁と揃えて置いていた本棚(ぎっしり本や書類が詰まっていたのでめちゃくちゃ重かった)ですが、地震で横に3cm移動して、壁と本棚の一がズレていました。
横に移動しただけですみましたが、転倒防止対策をしていなかったので、もしも倒れていたらと思うと怖いです。

この本棚、購入してから20年以上になります。年代を感じさせるデザインです^^;

本を断捨離して本が少なくなったので、本棚は次の粗大ゴミの日に出してしまおうと、棚板を外したり、処分の準備をしています。
残すモノはここからさらに減らして、半分くらいにギュッと絞り込もうと思います。

「シンプルを極める」

本は図書館で借りることが増えました。
ドミニック・ローホーさんの「シンプルを極める 余分なモノを捨て、心に何も無い空間を作る」。 まだ途中までしか読めていませんが、素敵な言葉が散りばめられている本です。
(個人的には「シンプルだから贅沢」の方が洗練されていて読みやすいなと感じますが)

本を読むことは、著者の方との静かな対話のようであり、本の言葉に反応して連想ゲームのように次々と意識が展開していったり、どこまでも広がる内側の世界(個人の内側のもっと奥を超えて広がる世界)への旅でもあるように感じています。

いろんな価値観や世界観に触れることで、私の小さな世界が少し広がって豊かになっていくような、そんな気がします。

・ ・ ・ ・ ・
「大人のシンプルで豊かな暮らし」のヒントに♪(ブログ村テーマ)


素敵な大人のシンプルライフ
40代からの似合う服と小物の選び方
少数精鋭で着回すコーディネート
少ないモノで暮らす
無印良品 オススメのモノ~ ♪♪
私の人生を変えた一冊

・ ・ ・ ・ ・






hana

こんにちは。このブログを書いている hana です。 大阪と京都の間あたりでミニマリスト夫とトイプードルとゆるりと暮らしています。 整理整頓やモノを捨てるこ...

プロフィール

関連記事