toggle
2017-07-17

京都の祇園祭・宵々山。四条通りから一本入った小路の風情

祇園祭・宵々山

京都の夏の風物詩、祇園祭。
京都府警発表によると、
三連休中日だった16日の宵山は32万人もの人々で賑わっていたそう。

祇園祭・宵々山

大混雑を避け、15日の宵々山に行ってきました。
宵々山もたくさんの人で大賑わいでした。

祇園祭・宵々山

最も注目を集める「長刀鉾」。
山鉾の中で最も古くに創建されたそうで、山鉾巡行でも先頭を飾る鉾です。

「鉾」は屋根の上に「真木(シンギ)」という屋根の上に約20mの長い鉾が立っています。
「山」には「真木」ではなく「真松(シンマツ)」という松の木が飾られています。

祇園祭・宵々山

長刀鉾や月鉾のある四条通りが一番人通りが多く、歩行者天国になっています。

祇園祭・宵々山

四条通りの一本北側の錦小路通や、南側の綾小路通などの通りでは、
各山鉾町の旧家が、
所蔵する屏風や調度品、美術品を座敷に飾り付け一般公開されています。
京都ならではの趣と歴史を感じます。

小路に入ると、大通りにはない風情があっていいなと思います。

祇園祭・宵々山

こちらは四条通りの一本南側、綾小路通の「伯牙山」。
四条通りはすごい人で、立ち止まって写真を撮ることすら難しいですが、
小路では、すぐ近くでゆっくり鑑賞できました。

祇園祭・宵々山

錦小路通の霰天神山の近くのお店で晩ご飯。

祇園祭・宵々山

敷居が高くて入りづらそうなお店でしたが、
お店の前のメニューを見てひと安心。
2,000円くらいのコースをいただきました。

保存保存

<スポンサーサイト>





タグ:
関連記事