toggle
2017-10-08

わが家に「ゴミ箱」がない理由

ゴミ箱をなくした理由は・・・

わが家には「ゴミ箱」というものがありません。
「ゴミ箱」がいらないから断捨離したのではなく「ゴミ箱」を置くことができなくなったことが「ゴミ箱」なし生活のキッカケでした。

なぜかといいますと・・・

(以前使っていたキッチンのゴミ箱と、ゴミ袋を覗き込むわんこ)

ご覧のとおり、わんこがゴミ箱に捨てたのものを食べようとするから、なんです。

食べてはいけないものでもおかまいなし、なんでも口に入れようとします。

もしもお腹の中で詰まってしまうと・・・開腹手術で取り出すか、強力な薬で吐き出させるか、になるそうなのです(;ω;)

犬のいたずらによる誤飲誤食回避のためやむを得ず

(トイ・プードルは後脚が長く脚力も強いので立って歩くことができます)

「蓋つきゴミ箱」や「ゴミ箱を犬が届かない場所に置く」などあれこれ検討したのですが、ミニマリスト夫が「もう、ゴミ箱、無くてもいいんじゃない?」と言い出してしまいました。

「キッチンにゴミ箱がないなんて、ゴミどうすんのよ?!」と反論するも、うちのわんこの食い意地がすさまじくて、ゴミとわんこの健康は天秤にかけられるものでもなく・・・

結局、家の中にゴミ箱を置くことをやめました。

台所ゴミは調理後、まとめてベランダのゴミ箱へ

(まだゴミ箱があった頃。ゴミ袋の中のものが取れずイライラして食器棚を齧る、の図)

キッチンのゴミは、調理しながら食材の空用器やスーパーの袋などに入れていき、調理が終わったら、その都度スーパーなどでもらうビニール袋にまとめて入れて、ベランダの大きなゴミ箱に捨てにいきます。

リビングのゴミ箱も撤去しました。昼間は私ひとりなのでゴミはそれほど出ないし、ゴミが出たら、キッチンのゴミと一緒にまとめてベランダのゴミ箱へ捨てにいきます。

はじめの頃はメンドクサイなーと思っていましたが、わんこの切腹にも関わることなので、「面倒だ」などともいっていられず。

ゴミ箱をなくしたことによる思わぬ副産物

(夫のお気に入りの椅子の脚を齧る、の図。超やんちゃな子犬時代^^; )

「悪魔か(;゚Д゚)!」と思うくらい超やんちゃだった子犬時代のおかげで、わが家から「ゴミ箱」というものはなくなりました。

ゴミ箱なし生活になってから2年半くらいになりますが、とくに不自由を感じることもありません。

無意識のうちに「ゴミが少なくなる暮らし」を心がけるようになっているのかな、と思います。また、家の中に「ゴミ」がある時間がとても短くなりました。

これらは、思わぬ副産物だったなあと思います。

ゴミ箱代わりに小さなプラスチックカゴ

(小さなゴミがよく出る場所には、セリアのプラスチックカゴで)

キッチンやリビング、寝室などの床にゴミ箱はありませんが、洗面所や仕事机の周りでは細々したゴミがよく出るので、セリアの小さなプラスチックカゴを置いています。

さいごに

家の中からゴミ箱をなくしたことで、無意識にゴミを少なくする工夫をするようになりました。

「めんどくさい、不便だ」と思う方に意識を向けると、もちろん不便さはあります。いっぽうで「家の中からすぐにゴミを出すからスッキリして気持ちいい」に意識を向ければ、それもまた本当のこと。

わんこのために仕方なくはじまったような「ゴミ箱なし」でしたが、思わぬ副産物もあったんだなあと、うれしく思っています(*´∀`*)

<スポンサーサイト>





関連記事
そうだ、旅、行こう。