toggle
2017-10-03

スーツケースに荷物を詰めて一人ぼっちで入院して気がついた、人生で大切なこと

部屋に戻れなくなった時のために断捨離をして部屋を整えた

私は30代半ばの頃、「多発性硬化症」という病気の疑いで入院したことがあります。
あまり耳にすることのない病名ですが、特定疾患に認定されている指定難病です。

すごくざっくり言うと、脳や脊髄の神経細胞を覆っている髄鞘があちこち剥がれていき、身体の機能に障害をもたらしていく進行性の難病です。

大学病院で診察してもらい「緊急入院」となりましたが、入院のベッドは満床で入院待ちの患者さんがたくさんいました。入院までの数日間、これから自分がどうなっていくのか怖くてたまらず・・・目玉が溶けるくらいに泣きました。

来年はもしかしたら歩けなくなっているかもしれないし、鏡に映る自分の顔を見ることができなくなっているかもしれない。自分の手で自分の口からご飯を食べることはいつまでできるんだろうか?

エレベーターのないマンションの4階で一人暮らしをしていたので、もし階段を上れなくなって誰かが部屋に荷物を取りに来てくれても恥ずかしくないよう、断捨離をしながら部屋の整理整頓をしました。

スーツケースに荷物を詰めてタクシーで病院へ向かい、一人で入院の手続きをしました。田舎の両親に心配をかけたくなかったし、他に頼る人もいなかったし、あの頃は全てがいっぱいいっぱいに張りつめていて、「助けて」と言えませんでした。怖くて言えなかったのかもなあって思います。

髄液検査の結果、私は多発性硬化症ではありませんでした。連日の精密検査でも大きな異常は見つからず、脳にあった病変は「脳梗塞」だったとの結論になり、今は普通に暮らせています。

でもあの時、同じ病棟で見かけた同年代の車椅子の女性はどうしているんだろう?

時折、当時出会った人たちを思い出し心の中で無事を祈ります。

人生のどん底には「宝物」が落ちている

脳梗塞の後遺症で、視野が欠けました。そのため明暗差が激しいところでは目眩がします。目眩は当時を思い出すリマインダーのようでもあり、その度に、今こうして普通に暮らせていることを再認識させてもらっているようです。

ありがたい(有り難い)とは、有ることが難しいということ。
有り難いの反対は、「当たり前」。

人生でどん底だと思うようなところには「宝物」が落ちているんだよ、と教えてもらったとき、確かにそうかもしれないなと思いました。

「当たり前だと思っていたことは当たり前じゃなかったんだ」と腹落ちできたこと。
それこそが<宝物>だったと思うのです。

人生って美しいもの

当時はすごく仕事がしんどかったし、人生もしんどかったし、不平不満ばっかりにフォーカスしているような毎日でした。自己防衛で「しんどい」という感覚を麻痺させていたように思います。

病気になってそのことに気がついて、こんなままじゃイヤだ!なんとかして人生を変えたいと思いました。

人生って美しいものだと思えるようになりたかった。

体調が落ち着いてしばらくしてから、美しいなと感じたものを写真に撮ってみたくて一眼レフカメラを買いました。

7年前の夏の出来事です。

手が動くのも目が見えるのも、ご飯を食べられるのも、当たり前じゃない。奇跡のような尊さなのに。
でも、あまりにも当たり前すぎるから、それを有り難いと思うことは難しい。

失くしてから、もしくは失くしそうになってからしか気が付けないのかもしれない。

例えば<若さ>のように。

<スポンサーサイト>





関連記事
そうだ、旅、行こう。