toggle
2017-10-15

フローリング掃除にクイックルワイパー + ウェーブ最強(・∀・)

お掃除ロボの断捨離後、フローリンング掃除はフローリングモップがメインです。

お掃除ロボがなくても大丈夫だと思えるのは、花王の「クイックルワイパー本体」 + ユニチャームの「ウェーブ・フロア用ドライシート立体Wキャッチ」のおかげかな?と思っています(*´∀`*)

この組み合わせ、ホコリがキレイに取れるので、すっごく気に入っています(・∀・)゚

「クイックルワイパー 全面キャッチ 本体」のオススメなところ

もっとお手頃価格のフローリングモップもいろいろありますが、使い勝手の実用性では、クイックルワイパーがイチバンお気に入りです。

クイックルワイパーがオススメなところは、

  • 底面に凹凸がついているのでシートがずれにくい
  • 底面がシリコンで弾力があり、砂粒なども逃さない
  • 軽くて使いやすい
  • コンパクトで場所を取らない
  • 立てかけても倒れない

以前、フローリングワイパーが古くなったので他のメーカーのものを使ったことがあったのですが・・・

底面が硬くてフローリングとのフィット感がイマイチで、フローリングの表面をサッと拭いているだけのような使用感で満足できませんでした。

シートがズレやすいし、砂つぶみたいな固くて小さなものをうまくキャッチしてくれない。壁に立てかけてもすぐ倒れるし、倒れたらいちいちバターンと大きな音がしてうるさい。

小さなストレスがあっという間に重なってしまいました(´-ω-`)

ほかの製品を試してみたことで、「クイックルワイパー」ってすごく使いやすくて便利だったんだなあと、あらためてわかったような気がします。



「ユニチャーム ウェーブ フロア用ドライシート 立体Wキャッチ」のおすすめなところ

フローリングワイパー本体は花王の「クイックルワイパー本体」を使っていますが、シートはユニチャームのウェーブがお気に入りです。

ペラペラのシートとはまったく別モノで、これを使用したらもう、他のフロアシートでは満足できなくなってしまいました。

なぜなら、ゴミの取れ方が、ぜんっぜん違うんです。

フワフワのファイバーがホコリ・髪の毛などをからめとって、ゴミとりポケットが砂つぶ・パンくずまでちゃんとキャッチしてくれます。ファイバーは手でなでて起こして使用すると、さらに効果的です。

こちらも、ややお高いのは難点ではありますが、シートはオモテ・ウラともに使えるので、両面を有効活用しています。

クイックルハンディワイパーの代わりに、直接手で持って棚や照明器具のホコリを取るのにも便利です。

掃除したあとのホコリに「こんなに汚れてたの?」とビックリしてしまいますが、このホコリの取れっぷりには「掃除したー」という満足感があり、ヤミツキです(∩´∀`)∩ワーイ!

どちらの商品も近所のお店にはなかなか置いていないので、インターネットショッピングは助かるなあと思います。

<スポンサーサイト>





関連記事