toggle
2017-07-08

お掃除ロボの修理代金3万円…(´-ω-`)。断捨離しました。

(お掃除ロボットに興味シンシン、子犬時代のココ)

お掃除ロボ(東芝:トルネオ ロボ VC-RVD1)が壊れたので、
修理の見積もりに出したところ・・・
修理代金は3万円ちょい、とのことでした(;゚Д゚)!

この掃除機、買ってすぐにモーターが動かなくなって修理に出していたんですが、
今回、また、同じところが動かなくなりました。

買ってから、まだ2年半なんですけどね・・・(´-ω-`)

(後脚が脱臼しやすく、安全対策でマットだらけだった床)

ココが小さかった頃、後脚の膝が脱臼しやすくて、
滑って怪我をしないように床にマットをたくさん敷いていました。

そのマットのおかげで掃除機がかけづらく、お掃除ロボを購入しました。

(急に動き出したお掃除ロボットに大慌てのココ)

お掃除ロボが動き出してビックリ、大慌てで逃げるココ。
生後4ヶ月くらいの頃です。懐かしいなあ(*´∀`*)

(うわ、またアイツがきたよ・・・お掃除ロボットに迷惑そう)

これは去年の今頃、2歳になったくらい。
お掃除ロボがだんだん近づいてきて、かなり迷惑そうな顔をしています(;´∀`)

いろいろ思い出もあるし便利だったし。
修理するか迷いましたが、手放すことにしました。

ダストステーションを納戸に置いていたので、なかなか自力でダストステーションまで戻ることができず、掃除が終わるごとに毎回、ダストステーションまで手で持って運んでいたし。
掃除機本体やダストステーションの掃除も必要だし。
掃除機をかける前には椅子などを移動させないとうまく掃除できないし。

便利だけれども、結構メンドくさいことも多かったんです。

フローリングワイパーの方が身軽でラクかもしれないなあ。

お掃除ロボがなくなると不便かもしれないですけど、床掃除はフローリングワイパーに戻ろうと思います。

保存保存

保存保存

<スポンサーサイト>





関連記事
そうだ、旅、行こう。