toggle
2017-10-04

ミニマリストのお財布事情&お金の扱いで大切にしていること。

ミニマリストのお財布

(10年前、自分への誕生日プレゼントで買ったお財布)

私が使っているのは、ルイ・ヴィトンの二つ折りの財布です。

35歳の誕生日プレゼントとして、それまで使っていた財布と比べると3倍くらいする高級ブランドのお財布を購入しました。

44歳になった今の私から見れば「35歳になるからってそんなに構えなくても大丈夫だよ、まだまだ若いしお肌だってキレイだよー」と思うのですが、当時はそれなりに一大事でした。「アラサー」ではなく「アラフォー」になってしまうんですから。

使い始めてそろそろ10年になる財布ですが、我ながら、丁寧に使ってきたなあと思います。

「お札」以外のものは、できるだけ少なく

ミニマリストのお財布

(お札以外のものはできるだけ少なく、スッキリ財布)

「お札」以外のものはできるだけ少なく、スッキリ財布を心掛けています。
財布に入れているものは、

  • クレジットカード・・・1枚
  • よく行くお店のカード・・・3枚
  • 映画館のポイントカード
  • 保険証
  • 図書館の貸出券

いろんなお店のポイントカードや診察券、レシートなどを財布に入れてしまうと、どんどん財布が膨らんでパンパンになってしまいます。パンパンになると型崩れしやすくなるし、なんというか、見目麗しくないなあと思うんです。

診察券や美容院のカード類は行く時だけ財布に入れて行き、帰ってから引き出しの中のカード入れに戻すようにしています。
レシートはお財布には入れず、そのままカバンの中に入れて、帰ってから整理します。

自分史上最高金額のお財布だったので、大切に扱うために「スッキリ財布」を心掛けるようになったのですが、いつの間にかスッキリ財布習慣が定着していました。

お札の向きと種類を揃える

ミニマリストのお財布

(お札の向きと種類は揃えるようにしています)

お札の入れ方は私なりのルールがあります。

  • お札の向きはきちんと揃える
  • 手前から1,000円、5,000円、一番奥が10,000円の順

お札の向きと順番をルール化しておくと、取り出しやすいし、いくら入っているかすぐわかります。

お金は「紙(かみ)」ではなく「神(かみ)さま」みたいなものだと感じているので、丁寧に扱うようにしています。奥が上座のような気がするので、一番奥に一番大きなお金を入れています。

壊れたら修理をして使う

一昨年、小銭入れのがま口を支えていた金属が折れてしまいました。
愛用8年目だったので、金属疲労のようなものだと思います。

費用は1万円くらいかかったと記憶していますが、ルイ・ヴィトンのリペアサービスで修理をしてもらいました。

「壊れたから買い換える」ではなく、修理に出したことで、より愛着が湧いたように思います。

さいごに

ミニマリストのお財布

(写真を撮ろうとするとちょっかい出しにくるワンコ)

「これくらいでいいか」ではなく、「アラフォーになる私はこれが使いたい!」と思ったものを選んで、10年近く大切に使ってきました。

高価な買い物でしたが、それまでの10年間を考えると4〜5回くらい財布を買い換えてきていたので、いい買い物だったなと思います(*´∀`*)

<スポンサーサイト>





タグ:
関連記事
そうだ、旅、行こう。